本文へジャンプ

代表メッセージ

ものづくりの力をつないで、世界の課題に挑む

代表取締役 石川明彦

お蔭様をもちまして、ディー・クルー・テクノロジーズ株式会社の第12期は、昨年に引き続き、新たな10年間の歩みを、さらに一歩進める成果を挙げることができました。 これもひとえに、顧客様、そして、パートナーの皆様方のご愛顧とご支援の賜物と、厚く感謝申し上げる次第でございます。
本当に有り難うございます。

今期第13期は、今後世界が直面する様々な問題に対して、世界の課題先進国としてのわが国の優位性を活かし、D-CLUEブランドの製品とソリューションを展開してまいります。

当社では、これまで、最先端技術の開発や、それを活用した新製品の開発を通じて、顧客様の付加価値創造に貢献することを基礎として事業を展開してまいりました。 近年では、さらに一歩進めて、産学官の複数の大学・企業との協業、また出口戦略により、「感じて(センサ)、処理して(制御、アルゴリズム)、繋ぐ(通信)」システム化を展開しております。 今後は、人間主義で繋ぐ(Clue)企業という自覚のもと、将来の事業化を見据えた開発体制により、医療、ヘルスケア・介護、環境、まちづくり、自動車、社会インフラなど、さまざまな分野で、 ものづくりからソリューションの提供まで、「安心・安全・寂しい人をつくらない」社会の建設に貢献してまいります。

シーズをつないで、世界に発信する

今や、人類が直面している課題は世界共通のものとなっています。日本だけで閉じるローカルな解決はありません。 現在、当社は、「感じて 処理して 繋ぐ」を合言葉に、国内の産学官のシーズを、社会、産業のニーズに「繋ぐ」ことにより、 ダイナミック・クルー・ビジネス(Dynamic CLUE Business)と名付けた創造的ビジネス協業を、 全力を挙げて推進し、日本から世界に、新時代のビジネスを発信してまいります。

このように、私たちディー・クルー・テクノロジーズは、日々変化を遂げ、活動の舞台を大きく広げてまいりますが、 人が真ん中にいる会社、人が中心の会社とビジネスをつくっていきたいとの思いは変わりません。 会社は「人が会う杜(もり)」であり、人が元気になる場所であると考えており、「人間主義」と「建設主義」は、当社のビジネスの原点として堅持し続けます。 この原点を私たち一人ひとりが意志をもって行動に変え、結果を出すことによって、 共感の輪が、社会の本質的な意識変革のうねりとなって広がって行くことを願っております。

最後になりますが、私たち一人ひとりの使命感を持った行動が、人と人、杜(もり)と杜(もり)との大きな繋がりとなって、新しい世界を建設していけることを固く信じ、至誠の心をもって邁進してまいります。

引き続き、ご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

2015年06月01日
石川明彦